京都北山のインプラント、審美、矯正、根管治療、歯周病治療の専門医の歯科医院

TEL.075-722-8911

〒606-0843 京都府京都市左京区下鴨水口町66京都北山KYDビル2F

クラウンとは?

クラウンとは?

■クラウンとは何か?
 クラウンは被せたりくっつける修復物で、それによって歯は正常な形や大きさに修復されます。その目的は歯を強くしたり、改善したりすることです。クラウンを被せるのには多くの理由があります。
 ・歯が十分に保存できないぐらいの大きな充填物が入っている歯の破折を防ぐため
 ・ブリッジをくっつけるため
 ・弱い歯の破折を防ぐため
 ・破折した歯の修復のため
 ・形の悪い歯や変色している歯にかぶせるため
 ・インプラントにかぶせるため

■どんな材料が使われているの?
 最も適した材料を選ぶとき、見た目と機能性の両方をよく考えなければなりません。歯科医師は歯の場所、歯ぐきの位置、笑った時の歯の見え方、歯の色や色彩、咀嚼性、などを考慮するでしょう。クラウンは金合金、貴金属合金、陶材、アクリルやコンポジットのレジンあるいは、それらの材料を組み合わせたものといった多くの材料が使われます。陶材のクラウンが作られる時は天然歯の色に合わせていろづけられます。

■クラウンはどうやってかぶせられるの?
 クラウンを被せるまでには様々なステップがあります。普通は最低2回は通院してもらわなければなりません。歯科医師はクラウンを被せるための厚みを確保できるように歯を形づけます。もしその歯に充填物があるのなら、それをはずしたりするかもしません。そして形成された歯の正確な歯型模型を作るため、お口の型(印象)をとります。
 テンポラリークラウンと呼ばれる仮りの歯(アクリルレジンでできたもの)がクラウンが出来てくるまでの間被せられます。例えば、審美的な面で形や長さをかえるとき、これは容易に調節がききます。そしてこれは、最終的なクラウンが被される前にどうしてほしいか、変えて欲しいところがあるか、あなた自身が決めるときにも役立てることができます。
 最終的にクラウンが出来上がってきたとき、歯科医師はそれを被せてみて調節します。そして、あなた自身も大きなミラーを使って色々な角度や光の加減で、お口の中でそのクラウンをチェックします。そうして、あなたが満足できたら、セメントでくっつけられます。

■クラウンをどうやってお手入れすればいいの?
 一日二回のブラッシングとフロスやゴム、プラスチックでできた歯間清掃器具による歯と歯の間のクリーニングをしてください。それらの方法は歯垢と呼ばれる細菌の頑固な膜を取り除く手助けとなります。そして特に、歯と歯ぐきの境目の歯垢や歯石を取り除くことが大切です。歯垢が蓄積すると歯周病や虫歯を引き起こすからです。その後は、クラウンが傷ついたり、破折したりしないように固い食べ物や氷、その他の固いものを噛むのをできるだけ避けて下さい。そしてもう一つ、定期的に受診して下さい。

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

« »

Translate »