京都北山のインプラント、審美、矯正、根管治療、歯周病治療の専門医の歯科医院

TEL.075-722-8911

〒606-0843 京都府京都市左京区下鴨水口町66京都北山KYDビル2F

抜歯と同時のインプラント

抜歯と同時のインプラント

以前は抜歯(永久歯の喪失)→入れ歯という治療になりましたが、現在では、抜歯(永久歯の喪失)→第二の永久歯の萌出という流れがよくあります。
抜歯と同時にすぐにインプラントをしておくことで、傷が治るころにはすぐにまた歯がもどってくるようになり、処置も一回で済むようになってきていることから、抜歯が必要なときは、その処置の方法や、診断にも変化が現れてきています。

DSC_0033.jpg-.jpg

抜歯後数ヶ月後(この時、もうインプラントの手術は必要ありません)。

DSC_0150.jpg-.jpg

インプラントは抜歯の傷が治ると同時に完了しています。ここにセラミックスの歯で回復します。

DSC_0151.jpg-.jpg

手術の必要性や治療期間のロスなく、歯が回復できます。

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

« »

Translate »