京都北山のインプラント、審美、矯正、根管治療、歯周病治療の専門医の歯科医院

TEL.075-722-8911

〒606-0843 京都府京都市左京区下鴨水口町66京都北山KYDビル2F

良い根管治療の必要な条件(歯の土台)

良い根管治療の必要な条件(歯の土台)

良い根管治療の必要な条件にクラウンと呼ばれる、歯の被せものを根管治療の終わった後に被せて、失われた歯の組織を修復回復します。

その隊に、歯の根自体を修復回復してから、クラウンを被せる準備をします。この土台部分をコアーと呼び、このコアーを作る治療を専門的には支台築造と呼びます。

一般的には、このクラウンとコアーを差し歯と呼んでいると思われますが、根管治療の後に行う、コアー(支台築造)の質(方法)もよい根管治療には必要不可欠な条件となります。

このコアーは歯科医師が作るものと、歯科技工士が作るものがあり、また、材料の種類も、セラミック、金属、プラスチック、グラスファイバー、なと様々なものがありますが、当クリニックでは、歯科医師自身が責任をもって、この重要な部分の治療を作成し、材料も、最適なものを、その条件で診断判断し選択します。

このコアー(支台築造)が不完全になれば、また、この部分からの虫歯、細菌の侵入等にさらされ、治療が成功しなかったり、せっかく被せたクラウンが土台から抜け落ちたり、歯の根が破折したりするリスクが高まります。

そのような理由から、根管治療の際に重要な治療になります。

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

« »

Translate »