京都北山のインプラント、審美、矯正、根管治療、歯周病治療の専門医の歯科医院

TEL.075-722-8911

〒606-0843 京都府京都市左京区下鴨水口町66京都北山KYDビル2F

ホワイトニング(漂白)

虫歯、咬み合わせ、根管治療と審美歯科

審美歯科治療を行うにあたり、単なる見た目の改善をするだけの治療は、本来の歯科治療と大きくかけ離れた治療になってしまします。

そのために、歯科治療の本来大切な部分をきちんと行ったうえで、より若々しく美しい歯科的健康を取り戻すことが、審美歯科本来の治療になります。

そのため、まず先だって、きちんとした、虫歯治療、根管治療(歯の根の治療、歯の神経の治療)を行ったのち、咬み合わせの治療による咬合の回復を行い、そののちに、最終の審美的な口元(歯並び、歯の色の調和、スマイルラインなど)を仕上げていきます。

精密な検査をして、きちんとした基礎治療を含む、治療計画を立てて治療を進めます。

基礎治療のための仮の歯をきちんといれて治療を進めることで、治療期間を短縮することができます。

最初に入れる仮の歯も、すでに治療計画に沿って作成された、最終治療の咬み合わせをイメージしたものを装着して、それをつけ外ししながら治療を進めます。

この時のメリットとしては

  • 仮の歯をつけ外ししながら治療を行うことで、根管治療中の歯を術中、術後感染から守るため、根管治療術中のラバーダム以上の効果があり、根管治療の成功率が上がります。
  • 治療期間中も、日常生活にきたす支障を最小限にします。
  • 歯周病治療がしやすくなります。
  • 治療期間中に、咬み合わせが回復しやすくなります。
  • 最終の歯の形を決めやすくなります。

 

治療中、数回、仮の歯を作り変えて、仕上げに近づけていきます。

 

基礎治療、咬み合わせ治療が終われば、最終の審美歯科治療で仕上げます。

かみ合わせの問題が引き起こす、歯の病気(根管治療、審美歯科)

1611265

 

前歯の破折や変色歯の治療を行う場合、治療に先立ち、きちんとした検査を行うことが、後々のトラブルや、歯の病気の再発を防ぐことにつながります。

写真の状態が起きた原因は、不正咬合の影響が大きいと考えられます。

1611266

1611267

 

下の歯並びの悪さと、上下の歯のかみ合わせの悪さが、左の前歯の神経を損傷し(咬合性外傷)、歯の神経が壊死し、その後、壊死した歯の神経(歯髄)の中のヘモグロビンが酸化し、歯を黒く変色させ、さらに咬合性外傷が継続して、その歯の損傷を続け、強い咬合力がかかった時に歯の破折を引き起こしたと考えられます。

そのため、もし、その歯の神経の治療(根管治療、歯内療法、歯の神経の治療)を普通に行っても、術後の治癒、予後が悪くなったり、咬合性外傷による歯の損傷が継続し、さらに、外傷性咬合による歯周病(歯槽膿漏)も引き起こすことにつながる可能性が高くなります。

 

そのため、専門的には、治療に際しては、現在の歯の病気(歯の問題)を改善、治療する共に、現在の歯の病気(歯の問題)を引き起こした原因も、根本的に治療しておくことが望ましい治療になります。

 

1611269

まずは、きちんとした歯の神経の治療(根管治療、歯内療法、歯の神経の治療)を行います。その際、歯の根っこまで、変色した歯のホワイトニングも、見えない基礎治療として行っておきます。

16112610

 

16112611

 

16112612

 

その後、前歯の破折や、変色を引き起こした、不正咬合、不正歯列を、歯列矯正、矯正歯科治療で治します。その際に、いったん矯正治療中もなるべく審美的に治療できるよう、矯正治療用の仮歯を入れておきます。

16112613

16112614

16112615

矯正治療が終わった後、しばらく歯の保定を行います。

この状態で、根本的な治療が完了し、最終の審美歯科治療を行います。

16112618

1611264

本来の患者様の口元や歯の固有色を再現して、あえて、セラミッククラウンに色付けを行い治療を完了します。

16112616

1611268

16112617

 

術前と術後の口元の比較です。

 

これで、今後のお口全体の問題の予防治療も含めた治療が行えました。

 

 

患者様と歯科医師の双方のための審美歯科

患者様にとってのいい審美歯科と、歯科医師にとってのいい審美歯科は、そのギャップと共通点の要素を埋めたり、満たしたりして、いい治療に結び付けていくことが大切です。

150224(9)

150224(10)

 

150224(11)

 

術前口腔内(術前の見た目)

 

150224(15)

150224(16)

150224(17)

 

術後口腔内(術後の見た目)

患者様は、この範囲での、見た目と、快適性(痛くない、きちんと噛めるなど)が治療のゴールや、満足度の評価になりますが。

150224(8)

 

術前のレントゲン

150224(18)

 

術後のレントゲン

歯科医師や、歯科衛生士、歯科技工士などの歯科医療の専門家は、この部分での治療のゴールや、術前の問題からの回復、術後の安定性、メンテナンスの容易さ、将来的な問題の回避、軽減、予防などが、治療の満足度の評価になります。

 

150224(7)

歯科医師(専門家)の術前の診断のイメージ図

(セラミック治療やインプラントの治療をすでに受けておられましたが、たくさんの問題があります)

150224(74)

 

左下奥の入れ歯の支えのセラミックの根元とその前の虫歯

150224(101)

150224(20)

前歯の虫歯と、歯の根の病巣、短い歯の根のぐらつき

150224(166)

左上奥歯の虫歯と歯の根の病気

150224(186)

右下奥歯の歯の根の虫歯と根尖病変

150224(231)

左上奥の根尖病変と虫歯

 

治療

150224(268)

150224(269)

150224(271)

150224(267)

150224(270)

小さな虫歯の治療

 

150224(171)

左上の虫歯除去

150224(196)

150224(198)

 

右下の歯を抜かずに根管治療で再生

150224(287)

 

上の前歯の根尖病変の治癒とぐらつきの回復

歯のホワイトニングの種類について(歯肉ホワイトニングと歯のホワイトニング)

150220(10)

 

歯のホワイトニングには、歯ぐきのホワイトニング(歯肉ホワイトニング)と歯のホワイトニングなどがあります。

歯ぐきのホワイトニング(歯肉ホワイトニング)とは、歯ぐきを白くするのではなく、歯ぐきに見られるメラニン色素の沈着による、歯ぐきの黒ずみを取り除き、ピンク色のきれいな歯ぐきにする治療法です。

歯ぐきのホワイトニング(歯肉ホワイトニング)には、レーザーで行うレーザーホワイトニングと、特殊な薬剤で行う、薬剤ホワイトニングがあります。

また、歯のホワイトニングには、天然の歯を削らずに歯を白くする歯のホワイトニング(歯のブリーチング、歯の漂泊)と、セラミックによる歯のホワイトニング(セラミッククラウン、ラミネートベニア)などがあります。

天然の歯を削らずに歯を白くする歯のホワイトニング(歯のブリーチング、歯の漂泊)には、歯科医院で受ける、オフィスホワイトニングと自宅で行っていただくホームホワイトニングがあります。

これらをうまく用いることで、健康的で、若々しい、審美的な口元にすることができます。

150220(11)

セラミッククラウンの再治療による、歯のホワイトニング治療終了時

(天然の歯が暗く、歯ぐきにもメラニン色素の沈着がみられます)

150220(9)

セラミッククラウンによる歯のホワイトニングに合わせて、天然の歯を削らずに、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングで白くして、歯の白さの統一感により、より、きれいな歯並びと口元になり、また、歯ぐきのホワイトニングにより、ピンク色のきれいな歯ぐきになりました。

オフィスホワイトニング(歯科医院で行う歯の漂泊、ホワイトニング)

歯のホワイトニング治療には、自宅で行うホームホワイトニングと、歯科医院で受けるオフィスホワイトニングと2種類があります。

それぞれ、利点欠点(長所短所)があり、うまく使い分けたり、併用することで、効果的で、審美的で、かつ快適ななホワイトニング治療を受けることができます。

DSC_0273

 

オフィスホワイトニングの薬剤が、なるべく歯ぐきつかないようにして、歯ぐきを保護できるように、光で固まる、歯ぐきの保護材をつけます。

 

DSC_0275

 

ホワイトニングで歯を白くしたい部分の歯の表面にホワイトニング剤を塗布します。

この状態で、ホワイトニング用のLEDの特殊な光源で8分間を3回で1セットとして、光を当て、ホワイトニング剤を反応させます。

 

 

DSC_0276

 

30分後のホワイトニング終了時です。

(歯も白くなりましたが、わずかに歯の周りの歯ぐきも白くなっていますが、この部分は、数日で、すぐにピンク色の元通りに回復します。保護材をつけなければ、歯ぐきが真っ白になってしまいます。)

セラミックは変色するか?

 

2014-09-28 12.15.22

 

セラミックの歯は着色したり黄ばんだりするのかという疑問ですが、セラミックの差し歯も、天然の歯もその表面は、きちんと磨き続けないとやはり黄ばんでくる可能性があります。しかしながら、プラスチックの歯のようにその素材自体が変色をするものではないのと、通常の歯磨き粉(歯磨剤)で毎日きちんと磨いていれば、まず、天然の歯とほぼ同じ状態を保ち続けることができます。

2014-09-28 12.15.37

きちんと洗えていないと陶器の食器も着色してきますが

2014-09-28 12.16.48

 

簡単にきれいになります。

2014-10-05 11.05.25

 

天然の歯や、セラミックの歯についた着色(一般的に歯科では、カフェステインと呼ばれるお茶、紅茶、コーヒーなどによる着色)や、喫煙によるヤニや、歯石とともについた汚れなどは、このようなプロフィージェットと呼ばれる歯科医院専用のクリーニングの器械で、清掃し、歯を削らずに短時間で、ホワイトニングしたようなきれいな自然な白さに戻します。

この器械は、炭酸水素ナトリウム(重炭酸ナトリウム、いわゆる重曹)が主成分のパウダーを水圧で歯面に吹き付け一気に歯ブラシなどでは取れなくなった汚れをきれいに落とします。

これは、使用時、少し、しょっぱい感じがしたりしますが、調理器の焦げ落としなどの頑固な汚れに用いられるほか、ベーキングパウダーや、炭酸水などに用いられることから、安全で効果的なクリーニングの器材として用いられていて、セラミックの表面の汚れも簡単に落とせます。

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)

治療例1

031114(3)

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)術前

031114(4)

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)術当日

031114(2)

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)術後7日目

治療例2

041124(3)

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)術前

041124(2)

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)術後

治療例3

050822(4)

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)術前

050822(5)

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)術当日

050822(3)

歯肉ホワイトニング(歯茎のホワイトニング)術後

セラミッククラウンの再治療による審美歯科

131210(9)

術前

131210(16)

術後

 

 

術中(上からの撮影)

1(45)

前歯のセラミックの歯の再治療の術前

2(46)

セラミックの歯の除去

3(47)

セラミックの治療前の根管治療の完了と、歯ぐきの黒ずみの除去治療

4(44)

歯ぐきの黒ずみの治癒

131210(12)

術前レントゲン

131210(14)

術後レントゲン

歯のホワイトニングの種類

歯の黄ばみが気になったり、歯が生まれつき黄ばんでいたり、黒ずんでいたり、歯は白くなるのか?などの疑問には、以下のような解決治療があります。

  1. インプラントによる歯の再生治療(入れ歯をしない歯科アンチエイジング)

     

  2. セラミックによる歯並び、かみ合わせ、ホワイトニング治療

     

  3. 歯を削らないセラミックホワイトニング治療

     

  4. 歯を削らないホワイトニング治療(歯の内部から)

     

  5. 歯を削らないホワイトニング治療(歯の外部から)

     

  6. 歯ぐきのホワイトニング治療

     

  7. その他の審美歯科治療(ホワイトニングクリーニング等)

     

ガミースマイル、歯ぐきのメラニン色素除去、インプラント

インプラントの治療によるお口の健康回復と若返りは、総合的な治療により可能です。

140315(8)

術前(レントゲン左の奥歯が抜けて、インプラントをしても歯がすぐに入るように、また、他のグラグラして抜けそうな部分も、歯を抜いて、インプラントをしても、その日に歯を入れてほしいとの希望で、近医の先生よりご紹介により来院)

140315(9)

初診時 正面写真画像

(左下奥歯がなく、右上下も歯がグラグラして抜ける寸前の状態でした。その他、ガミースマイルと、歯ぐきの黒ずみが気になりました。)

140315(52)

インプラントや、抜歯と同時のインプラントの治療の前に、このような準備をいたします。

140315(74)

前準備により、手術と同日に仮歯を入れることができます。

140315(80)

インプラントの手術の後は、ガミースマイル(笑うと歯ぐきが見える口元のこと)をレーザーにて治療

140315(82)

レーザー治療

140315(132)

歯ぐきの黒ずみに対する、歯ぐきのホワイトニング治療

140315(144)

術後正面写真画像

(インプラント、ガミースマイル、歯ぐきの黒ずみの治療などの総合的な治療により、きれいに健康的になりました。)

140315(45)-

術前口元

140315(94)-

術後口元

140315(133)

術後レントゲン(13本のインプラントを入れました)

京都 北山吉川歯科クリニックのインプラントについては、当クリニックのインプラントHP、または治療ブログのカテゴリーからインプラントを参照してください。