京都北山のインプラント、審美、矯正、根管治療、歯周病治療の専門医の歯科医院

TEL.075-722-8911

〒606-0843 京都府京都市左京区下鴨水口町66京都北山KYDビル2F

歯槽膿漏(歯周病)に関するFAQ

FAQ

歯槽膿漏(歯周病)に関するFAQ

歯槽膿漏(歯周病)治療の期間はどれぐらいですか?

歯槽膿漏(歯周病)治療は、他の治療(たとえば虫歯治療など)と違い、決まった回数と時間で、完治させたり、できたりする治療ではなく、患者さんの自己管理の確立(生活習慣の改善や、お手入れの励行など)と歯科医師、歯科衛生士による専門家の口腔管理、処置後の組織の回復期間などにより、一概に期間を表すのは難しいものです。、また、歯槽膿漏(歯周病)治療は虫歯の管理以上に、生涯にわたり続けていかなければならないものです。

しかしながら、症状の治癒や改善に終わりがないものではありません。

歯槽膿漏(歯周病)治療が成功すれば、通常、歯ぐきの治癒は1週間程度、歯槽骨(歯を支える顎の骨)は1か月程度で治癒し始めますので、そこから安定してくる期間が歯槽膿漏(歯周病)治療の期間の目安と言えます、

また、歯槽膿漏(歯周病)治療は歯科疾患の中でも、特にお口の健康全体とバランスを取らなければならないものなので、歯肉(歯ぐき、歯茎)や歯槽骨(歯を支える顎の骨)の治療のみにとどまらず、歯自体の治療も一緒に行わなければならない場合が多く、まさしく一口腔一単位の治療が必要になります。

詳しくは→→こちら

歯槽膿漏(歯周病)治療の費用はどれぐらいですか?

歯槽膿漏(歯周病)治療は、日本では保険適応の治療になっていますが、アメリカでは、専門医がする治療として位置づけられていて、歯を抜かずに残す大切な治療として、専門医で受ける場合は、保険がきかない場合が多いと考えられますが、費用や技術の差はクリニックそれぞれに問い合わせてみる必要があるかと思います。

 

歯槽膿漏(歯周病)治療の進め方はどのようになりますか?

歯槽膿漏(歯周病)治療は、まず、その歯のレントゲンを撮り、その他の様々な検査で診断し、治療を進めていきます。

腫れや、痛みなどの緊急性がある場合は、ます、その症状を抑えるために、膿を出したり、抗生物質の投与等で、症状の改善を試みてからになります。

 

歯槽膿漏(歯周病)治療の検査とはどのような検査ですか?

歯槽膿漏(歯周病)治療の検査には、問診、視診、触診、打診、温度診、電子歯髄診、レントゲン診査、咬合診などがあります。

詳しくは→→こちら

歯槽膿漏(歯周病)治療の通院回数はどのぐらいですか?

歯槽膿漏(歯周病)治療は、他の治療(たとえば虫歯治療など)と違い、決まった回数と時間で、完治させたり、できたりする治療ではなく、患者さんの自己管理の確立(生活習慣の改善や、お手入れの励行など)と歯科医師、歯科衛生士による専門家の口腔管理、処置後の組織の回復期間などにより、一概に期間を表すのは難しいものです。、また、歯槽膿漏(歯周病)治療は虫歯の管理以上に、生涯にわたり続けていかなければならないものです。

しかしながら、症状の治癒や改善に終わりがないものではありません。

歯槽膿漏(歯周病)治療が成功すれば、通常、歯ぐきの治癒は1週間程度、歯槽骨(歯を支える顎の骨)は1か月程度で治癒し始めますので、そこから安定してくる期間が歯槽膿漏(歯周病)治療の期間の目安と言えます、

また、歯槽膿漏(歯周病)治療は歯科疾患の中でも、特にお口の健康全体とバランスを取らなければならないものなので、歯肉(歯ぐき、歯茎)や歯槽骨(歯を支える顎の骨)の治療のみにとどまらず、歯自体の治療も一緒に行わなければならない場合が多く、まさしく一口腔一単位の治療が必要になります。

詳しくは→→こちら

 

歯槽膿漏(歯周病)治療が失敗した場合はどうなりますか?

 

歯槽膿漏(歯周病)治療の方法はどのようになりますか?

 

歯槽膿漏(歯周病)治療で痛みはありますか?

普通、治療は炎症や感染による痛みを軽減する処置ですし、局所麻酔を用いますので、ほとんどの患者さんが処置の間は痛くないといわれます。  治療後の数日間は、少し、違和感があるかもしれません。とくに、治療の前に痛みがあった場合はそういったことが見られやすいかもしれません。そういった場合も、お薬をお渡ししますので、心配ありません。

 

歯槽膿漏(歯周病)治療で腫れますか?

歯槽膿漏(歯周病)治療は、腫れを引かせる治療ですが、術後、きちんと治療が進んでいても、腫れが一旦ひどくなったようにみえることがあります。こと様なときも、抗生物質の投与により、腫れを抑えながら治療が行われます。

 

FavoriteLoadingお気に入りに登録する

« »

Translate »