20代、30代のインプラント

20代、30代のインプラント治療は、歯周病(歯槽膿漏)などで歯を失った部分にインプラント治療を行うような年齢の高い方のための治療とは異なり、先天的に歯がない方や、虫歯の進行がひどく、歯が残せなくなった1本から数本程度の部分への治療や、事故や外傷などによる歯の喪失部分を審美的かつ機能的に回復する治療になることが多く、特に1本だけ歯がなかったり、歯がなくなったり、歯を抜かなければならなくなった部分の両隣の歯が虫歯や歯槽膿漏などになっていない健全な歯の場合、特に有効な治療になります。

また、若い時に行うインプラントは、その予後も長く安定する必要があり、その点では、その後何年持たせられるかといった難しい要素はありますが、健康で若く丈夫な骨や、回復力や抵抗力、治癒力といった点からは、比較的容易で条件の良いインプラント治療になります。


初診時(右上犬歯がありません)

初診時、側面観

初診時全体レントゲン

患部拡大レントゲン
(先天的永久歯欠損による乳歯の犬歯の破折脱落)

即時インプラント治療による欠損永久歯の回復

術後側面観

術後正面観

 

FavoriteLoadingお気に入りに登録する
2014年4月30日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : 北山吉川歯科インプラント