根管治療の成功と失敗について

根管治療の成功と失敗については 歯髄炎の場合、術前の症状や、痛みが、焼失し、なおかつ、定期健診のレントゲンチェックで、歯の根と、その周囲組織に問題がみられなければ、治療が成功したことになります。 根尖性歯周疾患、いわゆる感染根管の場合は、根尖周囲の病巣の治癒傾向を確認できれば、一応の成功といえます。