審美歯科なら京都市左京区の北山吉川歯科クリニック

TEL.075-722-8911

〒606-0843 京都市左京区下鴨水口町66 京都北山KYDビル2F

審美歯科・義歯(入れ歯)

インプラントによる部分入れ歯の治療

インプラント治療は部分入れ歯による不快感を軽減するだけでなく、残存歯の負担も軽減し、部分入れ歯を不要にします。

DSC_0123.jpg-.jpg

術前
(合わない部分入れ歯により、反対側の奥歯の過重負担による抜歯が必要)

DSC_0124.jpg-.jpg

術前
(両側の奥歯が失われる状態)

DSC_0223.jpg-.jpg

術後
(入れ歯の必要がなくなり快適になった状態)

インプラントによる入れ歯(義歯)の回避

失われた歯の欠損部分を回復するのにインプラントが選択されてきていることは最近の歯科治療の流れだといえますが、インプラントの治療を受けるタイミングや時期に関しては、歯を失ってからだけではなく、失う前に選択される治療にも変化してきています。
以前では、入れ歯になるのが時間も問題であったような状態でも、十分に回避することもできるようになってきました。


術前の口元


術前の口腔内


術前の上の歯


術前の下の歯


術後の口腔内