トップページ

ようこそ、北山吉川歯科クリニックの
歯槽歯槽膿漏(歯周病)ホームページへ。

歯槽膿漏とは歯周病ともよばれ、虫歯(齲蝕)と並ぶ、歯を悪くしたり、失ったりする原因となる、歯科の疾患を一つです。

歯槽膿漏は虫歯と違い、自覚症状が少なく、現在、成人の約70%以上が、何らかの歯周病に罹っているといわれています。

歯槽膿漏(歯周病)の症状には,歯肉の炎症(出血、腫脹、発赤),歯周ポケットの形成(歯と歯茎の隙間の拡大),歯肉の退縮(歯根の露出),歯の動揺(歯がグラクラする),歯の病的移動,根分岐部病変(歯の根っこの分かれ目の,歯槽骨吸収,骨の形態異常,排膿,口臭,疼痛などがあります。

歯槽膿漏(歯周病)の原因には代表的なものとして、局所的原因の、プラーク(歯垢)、歯石、不良修復物・補綴物(歯の詰め物や被せ物)、歯の形態異常、歯ぐきの形態(痩せた歯ぐき、柔らかい歯ぐき、歯ぐきのスジ)、口呼吸、外傷性咬合(かみ合わせの異常)、ブラキシズム(歯ぎしり、食いしばり)、弄舌癖、職業性習癖、全身的原因の、生活習慣、食生活、精神的要因、全身疾患、妊娠、薬物の副作用等、遺伝的要因などがありあます。

これらが、原因で引き起こされる歯周病は、患者様の年齢にそぐわない、歯とお口の健康を害し、また、その後の日常生活に様々なマイナス面をもたらすにもかかわらず、従来は、歯周病を本格的に、食い止めたり、予防したりすることは難しいこととされていましたが、今日では、歯周病治療研究の進歩により、その原因のより深い究明や、治療方法の発明、開発、進歩、CTなどの新たな診断方法が取り入れられたことなどにより、かなり、質の高い予防治療や、回復治療が受けられるようになってきました。

また、最近では、歯槽膿漏(歯周病)がもたらす全身の健康への影響として、脳卒中、肺炎、心疾患、糖尿病、などとの密接な関係も明らかとなり、歯槽膿漏(歯周病)の治療、及びコントロールが非常に需要なものとして意識が高まってきております。

北山吉川歯科クリニックでは、歯槽膿漏(歯周病)でお悩みの方の様々な問題を解決し、いつまでも、若々しく美しい歯とお口の健康作りをお手伝いいたしております。

このHPは当クリニックの治療方針・流れ・特徴などの固定ページとカテゴリー・治療ブログなどのブログページに分かれいます。治療ブログだけでなく、固定ページも随時更新されていきますので是非、ブックマークしてチェックしてください。

このHPの製作、運営に当たっては、最近の歯槽膿漏(歯周病)治療の口コミやランキング、評判、などでHPを検索することが多く、その、歯槽膿漏(歯周病)治療口コミやランキング、評判などで検索をした後に、このHPをみて、検索をされた患者様自身が、歯槽膿漏(歯周病)治療について理解、納得でき、疑問や質問が明確になるようなHPになるよう更新を続けていくつもりです。

また、各ページの下部に設置されている各SNS(ソーシャルブックマーク)ボタンもご利用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加