矯正(歯列矯正)なら京都市左京区北山の北山吉川歯科クリニックへ

京都府京都市左京区の京都北山にあるインプラント、矯正、審美歯科、根管治療の専門の歯科クリニックです

TEL.075-722-8911

〒606-0843 京都市左京区下鴨水口町66 京都北山KYDビル2F

矯正治療に関する基礎知識

顔と顎の成長について

511  図1

頭の成長発育について

頭(頭蓋骨)の成長は脳の発育と非常に深い関係にあり、また、顔面部の発育と比べると、非常lに早く、新生児で成人の約60%が完成し、その後、2歳までの間の成長スピードはかなり速く、また、6歳で成人のほぼ80%が完成し、その後、およそ、身長の伸びが止まる時期まで10年ほどかけて、完成する。

上顎の成長発育について

上顎(上顎骨)は、3歳前後までが、成長量が多く10歳ぐらいまでは、下顎より、成長量が多く、成長スピードが早い。その後は成長量と、成長スピードが緩やかになる。

また、上顎の成長方向は、前下方向に成長し、高さや深さが増してくる。幅の成長はそれらと比べ比較的少ないので、矯正装置で、顎を広げてあげることが有効な治療法として使われます。

このことは、10歳までに下顎前突(受け口)気味であれば、下顎が上顎の成長を抑制(妨げる)し、上顎の劣成長気味の顔貌になりやすく、歯並びのための矯正というよりは、顔貌の発育のための矯正治療が主な目的になり、また、必要になると考えられる理由です。

 

下顎の成長発育について

下顎(下顎骨)は、10歳ぐらいまでは、上顎より、成長量は少なくく、成長スピードも遅いが、思春期になると、成長量と、成長スピードが多くなり、特に男子は13歳から16歳ぐらい、女子は少し早く、12歳から14歳ぐらいである。

このことは、小学生が、出っ歯のように見えても、成長と共に、正常な口元になることが多いのは、それが理由で、また、その時期に下顎前突(受け口)気味であれば、その後は、更に受け口の傾向が強くなることも予測され、矯正治療でコントロールできるのか、あるいは、骨格的な成長を見届けなければ、治療の安定が難しくなるか判断する必要あります。

 

骨年齢について

151113(38)

手のレントゲン検査の意味、目的、方法、メリット、デメリット

意味

実際の年齢(歴齢)と、骨格的な成長の年齢(生理的年齢)を把握する簡便かつ有効な診断方法

目的

矯正治療の時期、タイミングを考慮するのに役立てます。

方法

左右どちらか片方の手のひらをレントゲン撮影します。

メリット

レントゲンの撮影が容易。

エックス線の被ばくに対して小児のお子様などに対しても安全な部位である。

デメリット

歯科保険の適応外になる。(当クリニックでは矯正検査の費用に含まれています。)

実際の診断の方法(診断の応用方法)

手のひら部分の骨の数(手根骨の骨核の数)・・・年齢の平均状態と対比

骨と骨の隙間(骨端線の消失)・・・年齢の平均状態と対比、隙間、幅の大きさから成長を予測

親指の内側の骨の有無(拇指尺側種子骨の出現)・・・出現時期の少し前から同時期に骨格的な成長が盛んになるため、顎の成長が予測できる。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
北山吉川歯科クリニックは、京都府京都市左京区の京都北山のインプラント、審美歯科、歯列矯正、根管治療、歯槽膿漏(歯周病)治療の専門の歯科クリニックです。京都市左京区の北山のほぼ中心部に位置し、JR、近鉄、京都駅より市営地下鉄で約20分、京阪出町柳駅より京都市営4バスで約20分と、交通の便が良く、京都府下(宮津市、京丹後市、与謝野郡伊根町、与謝野町、福知山市、舞鶴市、綾部市、亀岡市、南丹市、船井郡京丹波町、京都市北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区、向日市、長岡市、乙訓郡大山崎町、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、宇治田原町、木津川市、相楽郡、笠置町、和束町、精華町、南山城村、)大阪府(大阪市その他)、奈良県、滋賀県(大津市その他)、兵庫県(神戸市その他)、和歌山県の近畿地方、関西エリアだけでなく、北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、等の東北地方エリア、新潟県、山形県、長野県、富山県、石川県、福井県の上越、北陸地方エリア、愛知県(名古屋市その他)、静岡県、岐阜県、三重県、東海地方エリア、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県の中国地方エリア、香川県、愛媛県、徳島県、高知県の四国地方エリア、福岡県、佐賀県、長野県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、の九州、沖縄エリアの全国すべての地域から、来院が可能です。