根管治療における予防治療とは

根管治療の予防には、定期的な正しいレントゲンの撮影による診断と虫歯の早期治療が重要になります。 隣接齲蝕_ページ_1 隣接齲蝕_ページ_2 隣接齲蝕_ページ_3 隣接齲蝕_ページ_4 歯と歯の間にできた虫歯はレントゲンでしか発見できません。 また、咬み合わせの面からより、横からの方が歯の神経に近く、自覚症状が出てきたり、歯が欠けたりしたときには、歯の神経に影響を及ばす虫歯になっている可能性が高く、根管治療が必要になる場合が多くあります。 咬合面齲蝕_ページ_1 咬合面齲蝕_ページ_2 咬合面齲蝕_ページ_3 また、咬み合わせからの虫歯の場合でも、見た目は小さく見えても、内部でかなり大きく進行している場合があり、定期的なレントゲンによる診断が根管治療の予防につながります。