矯正(歯列矯正)なら京都市左京区北山の北山吉川歯科クリニックへ

京都府京都市左京区の京都北山にあるインプラント、矯正、審美歯科、根管治療の専門の歯科クリニックです

TEL.075-722-8911

〒606-0843 京都市左京区下鴨水口町66 京都北山KYDビル2F

矯正・かみ合わせ治療

マウスピース矯正の種類と方法

マウスピース矯正には様々な方法、メーカー、名称があり、それぞれ、特徴や違いもあります。

現在、マウスピース矯正では、日本では、インビザライン(invisalign)あたりが、名前の認知度が高いと思いますが、アメリカをはじめ海外では、様々な会社が、それぞれ独自のシステムを持って治療ができるようにしています。

基本的な治療の概念は変わりませんが、矯正治療の料金(矯正治療の費用)や、期間、治療を進めていく方法に違いがあります。

 

 

下の写真のように、矯正治療の検査、診断、治療計画が終わり、マウスピースによる治療が決まれば、歯列矯正治療開始から、歯列矯正治療終了までのマウスピースキットが届きます。

それを、ステップ順に、ソフト、ミデアムソフト、ハード、の順番で、マウスピースを交換しながら、矯正治療を進めていきます。

 

 

 

 

 

かみ合わせの問題が引き起こす、歯の病気(根管治療、審美歯科)

1611265

 

前歯の破折や変色歯の治療を行う場合、治療に先立ち、きちんとした検査を行うことが、後々のトラブルや、歯の病気の再発を防ぐことにつながります。

写真の状態が起きた原因は、不正咬合の影響が大きいと考えられます。

1611266

1611267

 

下の歯並びの悪さと、上下の歯のかみ合わせの悪さが、左の前歯の神経を損傷し(咬合性外傷)、歯の神経が壊死し、その後、壊死した歯の神経(歯髄)の中のヘモグロビンが酸化し、歯を黒く変色させ、さらに咬合性外傷が継続して、その歯の損傷を続け、強い咬合力がかかった時に歯の破折を引き起こしたと考えられます。

そのため、もし、その歯の神経の治療(根管治療、歯内療法、歯の神経の治療)を普通に行っても、術後の治癒、予後が悪くなったり、咬合性外傷による歯の損傷が継続し、さらに、外傷性咬合による歯周病(歯槽膿漏)も引き起こすことにつながる可能性が高くなります。

 

そのため、専門的には、治療に際しては、現在の歯の病気(歯の問題)を改善、治療する共に、現在の歯の病気(歯の問題)を引き起こした原因も、根本的に治療しておくことが望ましい治療になります。

 

1611269

まずは、きちんとした歯の神経の治療(根管治療、歯内療法、歯の神経の治療)を行います。その際、歯の根っこまで、変色した歯のホワイトニングも、見えない基礎治療として行っておきます。

16112610

 

16112611

 

16112612

 

その後、前歯の破折や、変色を引き起こした、不正咬合、不正歯列を、歯列矯正、矯正歯科治療で治します。その際に、いったん矯正治療中もなるべく審美的に治療できるよう、矯正治療用の仮歯を入れておきます。

16112613

16112614

16112615

矯正治療が終わった後、しばらく歯の保定を行います。

この状態で、根本的な治療が完了し、最終の審美歯科治療を行います。

16112618

1611264

本来の患者様の口元や歯の固有色を再現して、あえて、セラミッククラウンに色付けを行い治療を完了します。

16112616

1611268

16112617

 

術前と術後の口元の比較です。

 

これで、今後のお口全体の問題の予防治療も含めた治療が行えました。

歯並びが悪くても口元のバランスを崩さないようにする歯列矯正

歯並びが悪くても、口元のバランスが悪くない場合(口元がはじめからきれいな場合)は歯並びのみを治して、口元は変えないように治療の際に配慮することが大切です。

術前は、歯並びは、前歯がデコボコの乱ぐい歯で、前歯がかみ合わない開口の状態も見られましたが、口元は、バランスが取れていて、きれいでした。
そのために、歯並びはきれいにして、前歯のデコボコはひっこめても、口元はひっこめないように配慮しなければなりません。

131111(21)

131111(19)

131111(20)

131111(29)

131111(27)

131111(28)

131111(26)

131111(35)

131111(40)

131111(18)

131111(50)

131111(51)

歯並びは変えましたが、術後の口元は、術前と変化しないように治療しました。

歯を抜かない矯正治療(非抜歯矯正)

歯並びがガタガタで、顎が小さい場合、歯並びをまっすぐにきれいにするためスペースを顎を広げて作ることにより、歯を抜かずに矯正治療をすることができます。また、その際に、前歯が出っ張らないようにお口の内側を広げてスペースをつくります。

120709(38)

120709(39)

120709(40)

120709(41)

120709(42)

120709(45)

120709(44)

120709(46)

120709(47)

120709(48)

120709(52)

120709(50)

120709(51)

120709(53)

120709(37)

上顎(上あご)と下顎(下あご)のバランスをとるための矯正

上顎(上あご)と下顎(下あご)のバランスが悪い場合、片方の顎を広げたり、小さくしたりして、上下の歯がなるべくきちんと咬めるようにします。

こういった歯並びは、咬み合わせを治すことは、見た目以上に、食事の際の咀嚼機能の向上や、話す際の、発音障害の改善に役立ちます。

091024(376)

091024(377)

前歯の矯正

ガタガタした前歯やガタガタした歯並び、歪んだ歯並びや歪んだ前歯を治すことで、全体のかみ合わせもきれいになります。

100501(52)

100501(51)

口元のバランスとかみ合わせを考慮した成人歯列矯正

30代や40代以降の成人の歯列矯正(いわゆる成人矯正)は、虫歯や、歯槽膿漏(歯周病)の予防のほかに、口元の老化の予防(口元のアンチエイジング)もその重要な目的の一つになります。

140214(12)

140214(13)

140214(14)

140214(21)

140214(17)

140214(18)

140214(19)

140214(26)

140214(27)

140214(28)

140214(22)

140214(24)

140214(25)

140214(11)

咬み合わせもよくなり、口元のはりも、八重歯にひきつられたはりではなく、きれいなスマイルラインのつやとはりのある口元になりました。

審美歯列矯正治療とかみ合わせ治療

歯列矯正をとりいれた治療を行うことで、審美的な口元をつくることができるだけでなく、かみ合わせの改善により、かみ合わせの異常からくる歯の過度の磨耗などを予防することができます。また、治療期間も約半年程度でおこなうこともできます。

060316(7).jpg1.jpg

術前

DSC_0296.jpg2.jpg

術後

北山吉川歯科クリニックは、京都府京都市左京区の京都北山のインプラント、審美歯科、歯列矯正、根管治療、歯槽膿漏(歯周病)治療の専門の歯科クリニックです。京都市左京区の北山のほぼ中心部に位置し、JR、近鉄、京都駅より市営地下鉄で約20分、京阪出町柳駅より京都市営4バスで約20分と、交通の便が良く、京都府下(宮津市、京丹後市、与謝野郡伊根町、与謝野町、福知山市、舞鶴市、綾部市、亀岡市、南丹市、船井郡京丹波町、京都市北区、上京区、左京区、中京区、東山区、下京区、南区、右京区、伏見区、山科区、西京区、向日市、長岡市、乙訓郡大山崎町、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、久世郡久御山町、綴喜郡井手町、宇治田原町、木津川市、相楽郡、笠置町、和束町、精華町、南山城村、)大阪府(大阪市その他)、奈良県、滋賀県(大津市その他)、兵庫県(神戸市その他)、和歌山県の近畿地方、関西エリアだけでなく、北海道、青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、等の東北地方エリア、新潟県、山形県、長野県、富山県、石川県、福井県の上越、北陸地方エリア、愛知県(名古屋市その他)、静岡県、岐阜県、三重県、東海地方エリア、岡山県、広島県、鳥取県、島根県、山口県の中国地方エリア、香川県、愛媛県、徳島県、高知県の四国地方エリア、福岡県、佐賀県、長野県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、の九州、沖縄エリアの全国すべての地域から、来院が可能です。